blog 「友達のまま」(8) Story Box
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
「友達のまま」(8) 友達のまま 2005年10月01日[20:13]
 「………で?どういうことなんだ、森里」
 
 その日の放送終了後、全体の反省会が終わったあと個人的に呼ばれ、
森川ディレクターのデスクの前に立ったまま無言のあたし。
 そんなあたしにいらいらしているのか、森川Dが指先でデスクをはじく音だけが、スタッフルームの中に響いている。

…今日の放送は(というかあたしのコーナーは)さんざんだった。
FAXや曲紹介読むのをとちるわ、ちひろと凌さんとの会話もかみ合わないわ、
挙句の果てには何か話しかけられてもボーっとしててあわや放送事故を起こしそうになるわ…で。

 反省会では当然のごとく森川Dのダメ出しがあたしに集中した。
それに対してあたしはただ謝ることしかできなくて理由をはっきりいえないもんだから、反省会が終わったあとに個人的に呼ばれたのだ。

 原因はわかってる、あのリクエストFAXのせいだ。
『K-NA(ケイナ)』=夏菜だと気づいたとたん、そればっかりが気になってしまって。
でもそれが原因だなんて、とてもメンバーや、ましてや森川Dになんていえるわけがない。
 スタッフルームの外で、沙也たちが心配そうにこちらの様子を伺っているのがちらりと見えて、あたしのことはかまわずに早く帰ればいいのに・・・と申し訳ない気持ちになる

 「どうしても、理由はいえないんだな?」沈黙を破る森川Dの言葉。
「…はい」
「何が原因なのかわからないのか?それとも理由がわかってても俺たちに説明できないことなのか?」
「…原因は、わかってます」今のあたしにはそう返事するのが精一杯。
「じゃあ理由はわかってるけど、俺たちには言えない個人的な理由ということなんだな?」
「そうです、すみません」そういったとき、森川Dの表情はいっそう険しくなり、次の瞬間、とても冷たい声でこう言い放った。

「じゃあ森里、お前来週からくるな。俺がいいというまでしばらく出入禁止だ。」


 「森川D!それってあんまりです!!」森川Dの言葉を聴いた瞬間、沙也がスタッフルームの中に飛び込んできた。
「…理由もいえないような自分の事情で、一部分とは言え番組の進行を妨げた奴を使うわけに行かないだろう!…それとも宮内、お前は何か事情を知ってるのか?」
「いえ…」沙也が口ごもる。

 「宮内、普段俺がお前らになんて注意してるか覚えているよな?最初の三つを言ってみろ」
「『その1 公私混同するな その2 必要以上に感情的になるな その3 無言の時間を作るな、何があっても話を繋げ』…です」
「正解。それだけでも、森里をはずす理由には十分だろう?
…とりあえず、俺がいいというまで森里は出入り禁止。スタジオにも来なくていい。
自分が何をやったのか、他のメンバーにどれだけ迷惑を掛けたのか考えろ。
森里のコーナーは来週は凌とちひろがやって、そこで休止のメッセージを流す。それでいいな?森里」
森川Dの言葉がとても冷たく響いて、あたしは詫びの言葉と頭を下げるのが精一杯だった。
「よし、じゃあ森里は帰れ。宮内、悪いがちひろと凌と大地がまだいたら呼んできてくれないか?ちょっと来週以降のことで俺とお前も含めてミーティングしよう」
 
 沙也があわてて部屋を出て行き、程なくほかの3人と一緒に戻ってきた。
 これ以上ここにいても仕方ないあたしが帰ろうとしたとき、沙也が
「大丈夫?あたしでよかったら聞くけど、どこかで待っててくれる?」心配そうな表情でそういってくれたけど、
あたしのせいで予定外のミーティングになってしまったのに、さらにあたしのことで付き合わせるわけにも行かない。
「…ううん、帰る。とりあえず家帰って頭冷やすわ。ごめんね、沙也」あたしはその申し出を振り切って一人局を出た。

 家に向かいながら、あたしは今日のことを思い出していた。
 まさかこんなに、たかが恋でダメージくらうなんて思わなかった。
拓巳と夏菜が付き合ってる、ってのを目の当たりにして、あきらめられるどころか、自分で思ってる以上に拓巳のことが好きなんだって思い知らされた。
それが、好きでやってることにまで影響を及ぼすなんて…

 とりあえず、しばらくは『B・E』に出られない。
最悪の場合、このまま降板ってことだってありえる。
あたし、何やってるんだろう本当に…森川Dの言うとおり、公私混同もはなはだしいってこのことだ。

 そんなことを考えてるうちにいつの間にか家の前にいた。
 いつもの習慣で、隣家の二階=拓巳の部屋を見上げると真っ暗で、庭先のガレージには拓巳のバイクもない。

ああ、まだ夏菜と一緒なのかな…
そんなことを考えたら、泣けて泣けて仕方なかった。
               (「友達のまま」9に続く)     
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント◇

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
◇トラックバック
スポンサーサイト 「友達のまま」(8) のトラックバックURLはこちら
http://stbox.blog8.fc2.com/tb.php/8-9f8e4c5a
◇「友達のまま」(7)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。