blog 2005年05月 Story Box
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
「友達のまま」(3) 友達のまま 2005年05月02日[19:31]
 「…さーて、今夜はこれでおしまいっ!夏休み一発目の『B・E』いかがでしたか?休みだからってあんまり遊びほーけたり、夜遊び・夜更かしばっかしてると、後が恐いよ?。でも『B・E』はちゃんと聴くよーに!
番組ではいつものよーに各コーナーへのお便り、リクエストお待ちしてます!
…それでは今夜のお相手は宮本ちひろと水瀬凌でお送りしました!また来週!」
 

 あたしたちは高2になり、放送にもすっかり慣れてきて、放送終了後の反省会でも森川ディレクターに怒られることも少なくなってきた。

 夏休みに入って最初の土曜日、あたしは森川Dの前に立った。
「何?来週欠席だと?」反省会が終わってみんなが帰り支度を始め、あたしは森川Dに欠席の事情を話す。 
「…ええ、県予選大会が来週の日曜日で、前日の土曜は学校に合宿して練習するって毎年決まってるんで」 
「そーいや、おまえブラ・バン(=吹奏楽部)だっけな。いいよ、大会ならしょうがない。おまえのコーナーは凌かちひろに頼めばいいさ。そのかわり、木曜か金曜までにちひろに曲のリストを準備して渡しててくれ。
どうもおまえのコーナーに来るリクエストはマニアックなものが多くていかんぜ」
 
 一回目で「どんなマニアックな曲でも探してかける」と宣言したせいか、リスナーから「この曲がわかるならかけてみろ」とばかりに挑戦状的なはがきが来るようになって、ついにそれ専用のコーナーができてしまったのだ。
 いつもはちひろと凌さんの二人でやってるけど、このコーナーだけはあたしが入ってDJさせてもらえるのだ。 

 その他にも相談や自分の身の回りに起こったことを送ってきて、これにぴったりの音楽をかけてくれというリクエストも扱うようになってからはさらにその数が増えてきて、あたしたちはうれしい悲鳴を上げていた。
 友達からマニアと呼ばれるあたしでもさすがにわからない曲があって、その時は拓巳のお兄さんの耕史さんや、耕史さんのバイト先のレンタル屋の店長に助けてもらっている。
 
 「ちひろ、ごめんね。これ頼むわ」
 木曜の夕方、あたしは学校の帰りにちひろの家に寄って、曲のリストと局に置いてなかったCDを渡す。
「ん、わかった。合宿と大会がんばってねー。」

◆全文を読む・・

スポンサーサイト
 「よぉ、みちる。一回目聴いたぞー」

 翌日・日曜日。昨日のお説教のせいか、うだ?とへたばってるあたしに、隣の家の拓巳がベランダ越しに声をかけて、その一声であたしの目は覚めた。
「うそっ、聴いたの?あんたラジオ聴く人じゃないっしょ?」
「だって、やっぱり知り合いがあの名物番組に出るとなるとそりゃ気になるわなー。うちの学校のやつも出てるし。
…草凪大地っているだろ?あいつ、同じクラスなんだ」

 有川拓巳(ありかわ・たくみ)はあたしの幼なじみで、中学の時は同じバスケ部だったこともあって、いつも一緒にいた。
 だけど、あたしが中3の時の最後の試合で足を痛めてドクターストップがかかり、体育やお遊び程度ならともかく部活のようにハードな練習や選手としてのプレイはできなくなってしまった。
 それがきっかけで、桐葉(とうよう)高校のバスケ部からスカウトが来ていた話が消えてしまい、同じくスカウトが来た男子部キャプテン・拓巳は桐葉高校へ、あたしは学力で桐葉高に行く手もあったのだが、バスケの名門・桐葉で活躍する拓巳や他のチームメイトを見たくなくて、藤生女子高に進学した。
 小学校の時にやってた吹奏楽部に入って、同じクラスのちひろ・沙也・玲奈に出会ったのがきっかけで放送部にも参加させてもらって…そして今に至っているのだ。
 
 バスケをやめたこと、体育館でバスケ部が練習しているのを見るといまだに少し胸が痛むけど、もう一つの好きなこと・音楽に出会えたからそれでいいかな、なんて思ったりしてる。

 「ところでみちるー、今ひまか?」
「?暇だけど?」
「へっへー。久しぶりにやらん?…これ」にやりと笑った拓巳の左手には…バスケットボールがあった。
「やるっ!」あたしは下駄箱からバスケ・シューズを引っぱり出した。
 二度と選手としてバスケはできないと言われたあの日から一度も履かずにいた、少しほこりをかぶってよれよれになったシューズ。もうこれを履いてプレイできないんだ、一年前の今頃はそればかり考えて泣く日々が続いた。

◆全文を読む・・

?♪言わないつもりの言葉をいつまで覚えてるの 会うたび切ない思いが何度もたずねる
届きもしない恋をどこまで追いかけるの 音楽聞いてるふりしてかくした涙の跡♪?


 「ねぇ、今度『Beat Express』のスタッフ総入れ替えがあるんだって!うちらも応募しようよ!!」  
 
 高一の七月。
 友人・ちひろの発言に、せまい放送室が一気に騒がしくなる。        
 先輩がいないのをいいことに、放送部一年生一のキレ者、情報屋の名高い宮内沙也(みやうち・さや)が募集要項の書かれたFAX用紙をひろげる。
「桐葉高の放送部に一足先にこれを仕入れた子がいてさ、わけてもらったんだ。
実際に放送局が募集を発表するのは一週間先なんだけどね。・・・応募しない? 」
 反対する奴なんているわけない。なぜって、この放送部に所属している一年生の目標は『B・E』のスタッフになることなのだから。
 
 あたしたちのすむ街のFM局の名物番組・『Beat Express』。
 月曜から土曜の夜に放送されていて、平日は局のアナウンサーや地元のタレントがDJをやるけど、土曜日は高校生だけでDJとスタッフを務めるという日になっていて、そのメンバーのほとんどが地元高校の放送部のメンバーの中から選ばれるため、『B・E』出たさに放送部に入部する、って子がけっこう多いのだ。                
 中学時代から放送部の名物DJだった宮本ちひろと『B・E』のポエムコーナーの常連・笠原玲奈が、進学した藤生女子高校で別の中学の放送部の構成を担当していた宮内沙也と出会い、3人で放送部に入部した。 

 この3人といつも一緒につるんでいるあたし・森里みちるは実際は吹奏楽部なんだけど、三人の好意で一年生の放送の日は音楽担当で参加させてもらっている。             
「桐葉高校の放送部っていうと…あいつでしょ、妙にキレ者の…あいつよ、草凪大地(くさなぎ・だいち)!そうでしょ?沙也」ちひろが沙也に聞く。
「そっ、彼に教えてもらったの。もう彼はスタッフ入りが決まってて、あとひとり構成のスタッフが欲しいってことになって、あたしに受けてみないかって声がかかったの。
他のスタッフとDJも凌さんがスタッフとして残る以外は全員交代するからって。」
「そりゃーねー、草凪としちゃーどうしても沙也と組みたいでしょーよ。沙也たちの学校って、DJはたいしたことなかったけど、沙也と草凪の構成がいいからってコンクールで賞もらってたし。
何と言っても公私共に大事なだいじーなパートナーだもんねー、沙也」中坊の時から二人を知ってるちひろが意味ありげに笑う。  
「ふぅーん、そうだったのかぁ。それじゃ知ってるはずよね」
「ごちそうさまー、まいったなあもう。」
 口々にからかうあたしたちに、いつもは冷静な沙也が真っ赤になって、妙にあせった口調で言った。
「とっ、とにかく全員申し込んでいいわよね?申し込み用紙かくからね」

◆全文を読む・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。